吉野永之助のブログ

株式投資

アメリカは、アメリカンファーストの原理を提唱してから、予想した通り、ついに為替まで言及を始めた。先日 ムニューイン米財務長官は、「二国間貿易交渉の中に為替条項を入れるべし」と発言した。まだ本当の意味はわからないが、要するに日本は「為替を介入して景気対策にするな」と言いたいのだろう。 それなら私も納得する。日本は、こと為替に関する限り、後進性が強く、景気が悪くなったり、企業収益が落ちてくると、為替をテコにして景気たち直しをしてきた。株式市場も、円安大歓迎で、市場にかかわるコメンテイター(ストラテジストとか為替専門家)たちは、毎日のように対ドルで円高だったか続きを読む

金の価格が1184ドルで(一トロイオンス)底入れしているように見えます。9月20日のNY金は1211.90ドルで最近の安値周辺から脱却し始めたように見えます。私は専門家ではないので、トレンドまでは言及するチカラはありませんが、今年の1月上旬の1386ドルあたりから下げてきた金価格が底入れしているように見えるのです。 なぜ? 金価格の動向は私ごとき凡人にはわかりかねますが、また屈折点を折り返したからと言って、いちいち説明できるものではないですが、ドルの堅調が、史上最大の金融緩和からの出口戦略として適正に(引き締め気味に)運用されてきたから、ドルが強よばって続きを読む

株式市場が新値を追いかける時代に、長い間低迷気味だったアメリカの旅行業者EXPEDIAの株は2017年6月に160ドルを付けてから、低迷していました。最近では2月14日の99.94ドルが底値だったような気がします。旅行業者のようなサービス業ではAIの活用にはおのずと限界があるのかなと私自身で、あきらめていましたが、ここにきて株価が目覚めたようです。 それはなぜか。最近の新聞記事によれば、このJTBの5倍の規模を誇るネット旅行業社(トリバゴとかの予約サイト)はIT投資に積極的で、個人とビジネスに最適旅行プランを提供して売り上げを拡大してきました。利用者の意続きを読む

身近なところに情報が転がっている。というのが私の個人投資の姿勢であります。むろんそれだけではないですが、アンテナを張っていて、そのアンテナにひっかかる上場企業は、私はとても大事にするのです。かつて、息子が再就職したとき、その会社の名前を聞いて早速、翌日買いの注文をいれました。そういう即決的な行動が私は好きなんですね。今回は、もともとひっ迫している、運送業界には日頃注目していました。中でも「サカイ引越センター(コード9039)は私の一押しの運輸関係銘柄です。ですが、昨日 ご縁があってお会いした「株トレジャーファクトリー」(3093-俗称トレファク引越)には続きを読む

  いつも四季報が出るたびに、物色してみるという癖が抜けきれません。前回は責任感もあって、ここに列記した銘柄の最小単位(100株とか)を自ら買ってみました。まあ、自己責任みたいな、ですね。およそ3か月ほどしてから見直してみますと、まあ、満足の結果になっていたようです。それはなによりも相場全体が強ばっていたからでしょう。 さて今回は?コード番号の3000,4000に集中してしまったようですが、下記の通りです。 コード   株 価    EPS     EPS   配当 配当 あい ホールド 3076  Y2782  139.4  164.1  4続きを読む

体調管理のために、しばらく時間を取られていましたが、ようやく自分の健康上の立場が分かってきたので、再びブログに取り組む気持ちになってきました。つまり意欲が再びわいてきたということで、まあ、良かったと思っていますし、小生の拙文に目を通していただいている皆様には、ご迷惑をおかけしました、お詫び申し上げます。 さて、商道徳的にも、また人道的にも整合しない、おかしな政策がまかり通る中で、一国の経済の刺激になる政策(たとえば貿易商品への課税)は毒薬みたいなものですが、ある国には収入増になるので、株式投資を刺激しています。私は、輸入関税となるとまるで、悪夢の時代を思続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ
  5. 最後へ