吉野永之助のブログ

その他

最近京王線の終点の「高尾山口駅」前に温泉お休みどころが開店しました。これも日本はどこを掘っても温泉がでる、のたとえ通りです。 4月に入ってようやく気温も上がってきて外出が楽になりました。天気予報の放送は東京では、海に近い赤坂とか渋谷あたりから全国に発信されますが、実はわが庵のある多摩地方は、都心から30キロは離れていて、気温も2-3度低いのです。八王子に行けばさらに2-3度下がります。調べたわけではないのですが、テレビの天気予報は私の住んでいるところからは、東京の標準にはならず、したがって、春の日差しに浮かれて外出するのも半月ばかり遅くなるのです。桜も正続きを読む

「ジャッカルの日」とか「オデッサファイル」などの著者 フレデリック フォーサイスが自伝のような本を出版しました。名づけて「アウトサイダー」角川書店 です。副題が「陰謀の中の人生」というもので、彼の人生は、まさに、ジャーナリストでありまたスパイでもあったのです。こういう波乱万丈の人生を送れたのは、本人が望んだにしろ、幸せそのものだったろうなと、想像に余りあるところです。 幼少のころの親の方針で語学教育を受けた結果5か国がしゃべれて、また世界各国を飛び回り、第二次大戦の空の雄、スピットファイアーを操縦して冒険の限りをつくす。よって自分と小説の境界が判然としな続きを読む

ついに中野信子氏が新書(文春新書)を発行しました。タイトルは耳慣れないサイコパスです。中野博士は私のブログに出現したように、私の好きな3人のリケジョの一人です。あとの二人は医師の友利新さんと、弁護士の山口真由さんです。3人とも男性に劣らない経歴と実力を誇り、最近はマスコミへの露出も多い人たち、その上美人です。 中野さんは脳科学者とマスコミでは宣伝されていますが、なんか響きが変です。正しくは医学博士で脳の研究をされています、と紹介すべきでしょう。この方は、私はトランプ大統領が出現した時に、もしかして、社会に対してあるメッセージを発するのではないかと予想して続きを読む

趣旨は、「毎月一回、最後の金曜日の午後3時にサラリーマンたちを解放するの」のだそうです。先週は金曜日がちかづくにつれ、テレビ報道番組は騒ぎ出しました。デパートではこういう企画をやるとか、小売店では店をにぎやかに品ぞろえするとか、私はびっくりして、いつも金曜日いっぱい働いていた習慣はどうなるのだろうかと、心配になりました。 多くの企業はそんなことできないとそっぽを向いていましたので、私は少々安心しましたが、6-7%の企業は(働く時間には制約のない業種でしょう)、プライマリーのアイデアをウエルカムしました。そして金曜日が来ました。日本は、総選挙が近づくにつれ続きを読む

まったく情報が無くて、また情報を集める意思もなかったこともあって、中軽井沢にマリオットホテルがあることを先月まで知りませんでした。しかし今回、軽井沢に国際学校ができたので、視察に出かけることになりましたが、雪が降ったり、路上に残っていたりする、真冬の季節を考えて、前日に中軽井沢に入っておこうと気が付いて、探したら、マリオットホテルに遭遇したわけです。 電話による予約の時従業員は変なことを言っていました。いわく、「マリオットと言いますが、元はラフォレクラブ軽井沢と言います。」つまりほんの昨年マリオットが経営を始めたようなので、ナビにもラフォレでないと入らな続きを読む

随分前に橋本駅の近くで何気に飛び込んだラーメン屋、あとでわかったのですが、それが私と八王子ラーメンとの初対面でした。最近新聞にとりあげられて、八王子ラーメンを忘れていた私は再び興味に駆られました。 新聞によると、最近は八王子ラーメンは市民権を得て、しっかりと固有名詞が市民に定着というか、認識されているようです。ところが、人気のラーメンらしく市民とか周辺の顧客に愛されて、今ではむしろ開店テンポが速くて競争激化になっているそうです。簡単なんですね、儲かるとなったら素早く店が出せるのがラーメン稼業です。 そうなると、腕がまだ足らない新人まがいのラーメン職人が増続きを読む

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 次へ
  8. 最後へ