吉野永之助のブログ

8月に上のタイトルの本を上梓しました。この欄は期せずして宣伝になってしまいますがお付き合いください。もともと私は本などを書く人ではありません。学者でもなければ評論家でもない。まさに実践家です。ですから資産運用をすること、執行することが本職です。本を書いても私の思いを伝えることができるかどうか、また、伝える必要があるのかどうか、も定かではなかったのです。でも何か残すことは大事だという意見がありました。私のやっているファンドマネジメントの仕事はカテゴリーとしては金融の中で小さく、しかし預かり資産は莫大という特色があります。 ですから世間の目に留まることも少な続きを読む

昨日が日曜日で秋の重賞レースのシリーズの始まりの日です。むろん目玉は京都2000米で行われた秋華賞ですが、さすがに大本命が勝って(かろうじてでしたが)大多数の人たちは満足でしょう。それゆえ、本当は岩田の前日の大口とか、当日の乗り方とか、ペース配分とか、言いたいことはありますが、ご迷惑をおかけしますので、このブログでは黙します。 当日東京10R秋嶺ステークスでは、お気づきの方は少なかったとは思いますが、前回取り上げましたフェデラリストと同じ父(エンパイアメーカー)の3歳馬「イジゲン」が出走しました。マル外ですが、それは外国生まれの馬ということですが、実はエ続きを読む

ガレットに興味を持ってから1年は経っていますが、なかなかチャンスがなくて作れませんでしたが、今回はTV放送と、ヤフーの検索に力を得て挑戦しました。セブンイレブンで北海道産のジャガイモ(種類は分かりません)と切込みが入ったバターを買いました。あとでわかったことですが、ジャガイモは均等の太さに切るのがコツだそうですが、なかなか。まずやや多めのオリーブオイルをフライパンに伸ばして、ジャガイモ半分をいれ、そのうえに(冷蔵庫に何もないので)溶けるチーズを乗せました。塩コショウをしてからまた残りのジャガイモをかぶせるようにのせて、フライパンのふたをします。IHヒータ続きを読む

今年70歳になるトランペッター日野皓正は元気いっぱいに、全身でトランペットを吹いています。4台のエレキギターとピアノそしてベースが加わり、ゲストとしてDJ Honda がNYから駆けつけてきた上、大柄な女性サックス奏者矢野沙織も合体して熱演を繰り広げたのは、10月8&9、於:ブルーノートでした。 一度テレビで見ていたDJホンダのパフォ-マンスと日野のコラボにはびっくりしました。テルマサにかかると何でもござれなんだなと思うのです。ジャズで大をなしたアーチストはどんどん変化してアフリカなど異色のリズムや音色を取り入れるんですね。ただし今回の演目は don’t続きを読む

6日の夕刊の見出しは、「NY株、07年12月以来の高値」というもの。私は日経夕刊を見てショックを受けました。今更ショックもないだろうとは思います。だってそれは誰でも知っている事実ですから。でも見出しを見るとあらためてショックを受け、自分の国、日本は07年は日経225は1600くらいだったなと思いだすのです。 日経225はいまだ8900-9000のレベルで低迷しています。つまり07年の半分です。どうしてこのようなすごい差が生まれたのか、原因はなんだったのかと、子ジャガイモの煮ころがしと豚肉のフライの夕食をしながら、そのことが頭を離れませんでした。NY株が戻続きを読む

こういうのって社風というのでしょうか、それとも業種の特性というのでしょうか。こんないすごい日本経済の低迷の中で、この会社はびくともしないのです。なーるほど、事業が下水のような公共投資がらみだから、景気なんて関係ないんでしょう。たとえば2008年3月の営業利益率14%台から変化なく2013年3月も14%台(予測)。となるとやはり不況はないんだ。 しかし、純水製造装置をもっていて電力会社や半導体会社に売っています。これらの業界は不況の真っただ中です。そこは栗田工業にはまずいでしょう、と突込みが入ってきても当然ですが、それに対しても、会社は反論できます。「メン続きを読む

  1. 最初へ
  2. 前へ
  3. 55
  4. 56
  5. 57
  6. 58
  7. 59
  8. 次へ
  9. 最後へ