吉野永之助のブログ

株式投資

関係者はたぶん必死の思いでしょう。今から12年前、フランスの食品会社ジェルベ ダノンがヤクルトの5%のステイク(株式)を保有してから、もう数年が経っています。ヤクルト内部ではやれ買収されるだとか、やれ乗っ取りだとか、大騒ぎだったろうと推察します。ダノンとヤクルトは友好的に付き合って契約を結び、結果ダノンの株式保有比率がただいま20%までに増えています。つまり、20%まで保有されても、法的にヤクルトの経営の根幹が崩れることはないということです。ダノンはさらに35%まで出資比率を上げて、共同経営とか、技術提携を進めようとしています。 ここでの私の問題意識は、続きを読む

6日の夕刊の見出しは、「NY株、07年12月以来の高値」というもの。私は日経夕刊を見てショックを受けました。今更ショックもないだろうとは思います。だってそれは誰でも知っている事実ですから。でも見出しを見るとあらためてショックを受け、自分の国、日本は07年は日経225は1600くらいだったなと思いだすのです。 日経225はいまだ8900-9000のレベルで低迷しています。つまり07年の半分です。どうしてこのようなすごい差が生まれたのか、原因はなんだったのかと、子ジャガイモの煮ころがしと豚肉のフライの夕食をしながら、そのことが頭を離れませんでした。NY株が戻続きを読む

こういうのって社風というのでしょうか、それとも業種の特性というのでしょうか。こんないすごい日本経済の低迷の中で、この会社はびくともしないのです。なーるほど、事業が下水のような公共投資がらみだから、景気なんて関係ないんでしょう。たとえば2008年3月の営業利益率14%台から変化なく2013年3月も14%台(予測)。となるとやはり不況はないんだ。 しかし、純水製造装置をもっていて電力会社や半導体会社に売っています。これらの業界は不況の真っただ中です。そこは栗田工業にはまずいでしょう、と突込みが入ってきても当然ですが、それに対しても、会社は反論できます。「メン続きを読む

ソニーが長い交渉のすえ、いよいよオリンパスに出資することが決まりました。私は出資の形が500億の資金を出して共同会社を設立するというある種の妥協案を見て失望しました。今はこんな段階なのか、ソニーがオリンパスの発行株式の大半を入手するのではないんだ。たった11%なのだ。今の段階では、それはそれでわかります。ソニーはオリンパスの技術がほしいので、資産がほしいわけではない。それに会社丸ごと買ってしまうと、借金を背負うことになります。まだ負債がどのくらい増えるかわからない会社を丸ごと買うのは危険ですし、ソニーにそのような資金的余裕もないのです。ソニーも台所は火の続きを読む

趣味で四季報をパラパラとめくっていると、ちょっと面白いページに出くわすことがあります。参天製薬と共同開発した緑内障向け医薬原体の生産倍増を計画。待てよ、世界に緑内障の患者が6000万人もいると書いてあるではないか。参天製薬を注目している私は、ここで参天関係の銘柄に出会ったわけです。しかし、この会社はガラスの会社であって、このガラス製品はヨーロッパはじめ自動車、建築、太陽電池業界などの不況、ないし価格下落に直面して、さえない。というか減益傾向が続いているのです。 一方で、旭硝子株の配当利回りは5.0%と高い、これから減益に伴う減配を見込んでも、4%程度には続きを読む

今年は暦が変わっていてお彼岸は9月22日だと言われましたが、なんと116年ぶりですか。ともかく二日連休となった23日にお墓参りをしました。朝から雨が降っていて、9時過ぎのお墓には人っ子一人おりません。4年前に母が亡くなったとき妻が突然お墓を移そうと言い出して、奥多摩の山の上から、いろいろな手続きを経た後、お墓をわれわれが住んでいる多摩市に引っ越しました。どういう心境だったのかいまだはっきり確かめてはいませんが、母を見送ってから、なんらかの衝動に動かされたのでしょう。もしかして、私が奥多摩のお墓の駐車場の石垣に車の前方部分をぶつけたからかもしれない。こいつ続きを読む

  1. 最初へ
  2. 前へ
  3. 12
  4. 13
  5. 14
  6. 15
  7. 次へ