吉野永之助のブログ

競馬

何年かに一度くらいは起こる出来事ですが、10月20日の京都で起こった珍事です。メインの11レースに組まれた室町ステークスは、3歳上のオープンで距離はダート1200米。人気が割れていて、当たりまくるデムーロのマルカベンチャーが1人気でしたが、京都得意のテイアップワイルド(池添)、連投のファリダット(幸)、3歳の雄ワールドワイド(小牧)も注目されていました。 オープンの1200米はポンとゲートを出たら、各馬はチカラがあるので、行ったきりになると思いました。1200米ならバンバン逃げて逃げ切ってしまします。ということはなかなか軸が決まらないという競馬になりそう続きを読む

昨日が日曜日で秋の重賞レースのシリーズの始まりの日です。むろん目玉は京都2000米で行われた秋華賞ですが、さすがに大本命が勝って(かろうじてでしたが)大多数の人たちは満足でしょう。それゆえ、本当は岩田の前日の大口とか、当日の乗り方とか、ペース配分とか、言いたいことはありますが、ご迷惑をおかけしますので、このブログでは黙します。 当日東京10R秋嶺ステークスでは、お気づきの方は少なかったとは思いますが、前回取り上げましたフェデラリストと同じ父(エンパイアメーカー)の3歳馬「イジゲン」が出走しました。マル外ですが、それは外国生まれの馬ということですが、実はエ続きを読む

ついに気温が下がってきて、さすがの猛暑も過去の話となりました。朝晩の涼しさは摂氏24度を好む私には、むろんだれでも、気持ちがいいものです。うんざりしていた猛暑と夏競馬、に別れをつげて、いよいよ秋のG-1街道をまっしぐらです。9月30日にスプリンターズSが終わり、予想通り外側の7,8枠の馬がワンツーでした。しかし3着に入ったドリームバレンチノは人気薄で、なかなか投票に手が回らなかったというのが本当のところ。けれども③連複で4。3kだったので、また③連単もわずか17,5kだったので、穴馬券ではありませんでしたね。関西中心にたくさんの人が、わたしを除いて、ドリ続きを読む

  1. 最初へ
  2. 前へ
  3. 13
  4. 14
  5. 15