吉野永之助のブログ

競馬

やった、大魔神

競馬, 2017年03月27日

と言っても野球の話ではなですね。3月25日の深夜(日本時間)ドバイで行われた競馬の話です。この日重賞レース(一着賞金が4億という巨大な催し)3組が施行されましたが、その最初のレースが「ドバイターフ」といい、1800米で、佐々木主浩氏の馬ヴィヴロスが出走しました。私は、偶然夜中の12時に目覚めて、観戦できましたので、幸いでした。 モレイラという名騎手に促されて、内枠に包まれないで、馬と馬の間を縫って進出、見事栄冠を勝ち取りました。テレビには映りませんでしたが、現地(ドバイのメイダン競馬場)佐々木氏は大喜びして、何度も飛び上がっていたでしょうね。何しろ日本競続きを読む

3月3日の夕刊に日経紙の田村正之記者がカバーしている分野の、フィナンシアル プランナー(FP)について論じました。わたくしも、FPとは長いお付き合いがあって、またアメリカのファンドに勤めていた関係上、田村さんの前向きな記事は好感を持ちました。いよいよ、日本でもFPが個人資産形成上の支えになったかと、感慨無量です。 どのような事業も採算が取れなければなりません。採算が無ければ、それは政府の事業になってしまいます。FPはいろいろな形があって、その中でも採算が取れるかどうかが一つの課題です。たしかにバックに保険会社とか不動産会社がスポンサーとして控えていれば、続きを読む

ついに中野信子氏が新書(文春新書)を発行しました。タイトルは耳慣れないサイコパスです。中野博士は私のブログに出現したように、私の好きな3人のリケジョの一人です。あとの二人は医師の友利新さんと、弁護士の山口真由さんです。3人とも男性に劣らない経歴と実力を誇り、最近はマスコミへの露出も多い人たち、その上美人です。 中野さんは脳科学者とマスコミでは宣伝されていますが、なんか響きが変です。正しくは医学博士で脳の研究をされています、と紹介すべきでしょう。この方は、私はトランプ大統領が出現した時に、もしかして、社会に対してあるメッセージを発するのではないかと予想して続きを読む

趣旨は、「毎月一回、最後の金曜日の午後3時にサラリーマンたちを解放するの」のだそうです。先週は金曜日がちかづくにつれ、テレビ報道番組は騒ぎ出しました。デパートではこういう企画をやるとか、小売店では店をにぎやかに品ぞろえするとか、私はびっくりして、いつも金曜日いっぱい働いていた習慣はどうなるのだろうかと、心配になりました。 多くの企業はそんなことできないとそっぽを向いていましたので、私は少々安心しましたが、6-7%の企業は(働く時間には制約のない業種でしょう)、プライマリーのアイデアをウエルカムしました。そして金曜日が来ました。日本は、総選挙が近づくにつれ続きを読む

皆様はご存知のように、私は「業績は好調で、株価はいまだ割高ではない銘柄」を時々探しては、投資を考える趣味を持っています。時々は好結果を生み、また損をすることもありますので、けっして「推奨です」というような証券会社のお抱えストラテジストの真似ではないです。 今回はアメリカの新しい大統領が、選挙の時にキャンペーンを張っていた公約を次々と発表し始めました。あまりにも今までの秩序とは違うので、世界がビックリ仰天です。私なども過去の歴史を振り返って、これはまた日米間の貿易戦争になるのかなと恐れています。 ともあれ、マクロで強気になったり弱気になったりしては、私のよ続きを読む

まったく情報が無くて、また情報を集める意思もなかったこともあって、中軽井沢にマリオットホテルがあることを先月まで知りませんでした。しかし今回、軽井沢に国際学校ができたので、視察に出かけることになりましたが、雪が降ったり、路上に残っていたりする、真冬の季節を考えて、前日に中軽井沢に入っておこうと気が付いて、探したら、マリオットホテルに遭遇したわけです。 電話による予約の時従業員は変なことを言っていました。いわく、「マリオットと言いますが、元はラフォレクラブ軽井沢と言います。」つまりほんの昨年マリオットが経営を始めたようなので、ナビにもラフォレでないと入らな続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ
  5. 最後へ