吉野永之助のブログ

名だたるダートの名馬、アウオーデイ、コパノリッキー、サウンドトウルーなどに交じってノンコノユメとともに4歳の若さで挑戦した、2016年の最後を飾るG-1「東京大賞典」を勝ったのは、アポロケンタッキー(牡4歳)でした。いまだ人々の口は登っては来ませんが、父ラングフールはカナダの馬です。日本の競馬ファンにはなじみのない種牡馬で、欧州やアメリカでの実績のあるダンチヒの系統(父の父)でもあります。つまりこういうことですが、流れは ノーザンダンサー> ダンチヒ> ラングフール です。サンデーサイレンスのように大活躍している血統ではないのですが、つまりは人気になりに続きを読む

随分前に橋本駅の近くで何気に飛び込んだラーメン屋、あとでわかったのですが、それが私と八王子ラーメンとの初対面でした。最近新聞にとりあげられて、八王子ラーメンを忘れていた私は再び興味に駆られました。 新聞によると、最近は八王子ラーメンは市民権を得て、しっかりと固有名詞が市民に定着というか、認識されているようです。ところが、人気のラーメンらしく市民とか周辺の顧客に愛されて、今ではむしろ開店テンポが速くて競争激化になっているそうです。簡単なんですね、儲かるとなったら素早く店が出せるのがラーメン稼業です。 そうなると、腕がまだ足らない新人まがいのラーメン職人が増続きを読む

最近寒くなったせいか、やたらと温泉に入りたいと思います。もともと温泉は興味なしでしたが、最近こんなことがあって「そうか温泉か」、と再評価をしています。 栄誉に輝くノーベル賞をもらった大村博士が、山梨県の韮崎に、美術館を建て、韮崎市に寄付をされ、そのあと温泉を当てて温泉を経営していると聞きました。そうですね、美術館で感性とか知識欲を刺激して、温泉で温まるというのは悪くないぞ、と思った次第です。韮崎市というところはわたくし的には比較的土地勘があってインターからよく出入りしているので、何となく行きやすいのです。大村氏は、山梨県と韮崎市が誇るノーベル医学生理学賞続きを読む

わたしにとってのマツヤマの第一は、言うまでもなくゴルフのマツヤマです。日本人として、初めて世界で通じルゴルフプレイヤーが誕生したので、喜んでします。今まで数人いた日本人のトッププレーヤーたち、青木功とか尾崎将司とかは瞬間的には優勝してその名をはせましたが、コンスタントに強かったわけではなかった。今回のマツヤマ君の連続優勝は、彼が世界のトップレベルであることを証明しました。なにしろ、現役最高のレベルにあるジェイソン デイとか、ジョーダン スピースとか、ヘンリックステンソンとかに並んで、PGAツアー戦で常時トップ10に顔を出すようになったのです。いまさら私が続きを読む

前回のテーマは私が運転免許証の返上で悩むことでしたが、もう一つ、毎年悩むことがあります。これは万人のテーマですが、私の場合、毎年 写真を賀状に印刷して120人ほどの友人に年賀状として送ります。少ない方だと思います。毎年の行事ですから、なにもやめないでいいのではないかという声もあります。 しかし、寄る年波で、同じことを今年も繰り返すとなると飽きてしまったのです。それに、ピタッとくる写真がないこともあるのです。今年はどうしようかと迷っていると、家族の中から「もうやめたら。頂いた分だけご返事をすることでいいのではないでしょうか」と言う声もありますが、同時に「今続きを読む

最近本当に悩んでいることがありますが、それは「免許証をいつ返上するか」という問題です。わたしは10月に80歳の誕生日を迎えて、ついにそういう時期がやってきたのだと覚悟しました。最近は老人の交通事故が多いような気がします。しかも、残念なことに被害者がいたいけない幼児とくれば、報道を聞くたびに、私も人の親として憤りとか、怒りを感じます。交通法規はもとより、こんなことがあってはならないという当然の社会のルールがあるのですが、そのルールが簡単に破られてしまう今の時代。 そして、加害者の老人は「よく覚えていない」とか「何が何だかわからない」とボケたふりをして責任を続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ
  5. 最後へ